MBOとは?利用ケースや目的、注意点、指針などを徹底解説!

マーケティング
(画像=moonrise/stock.adobe.com) 風間 啓哉(かざま・けいや) 監査法人にて監査業務を経験後、上場会社オーナー及び富裕層向けのサービスを得意とする会計事務所にて、各種税務会計コンサル業務及びM&Aアドバイザリー業務等に従事。その後、事業会社㈱デジタルハーツ(現 ㈱デジタルハーツホールディングス:東証一部)へ参画。主に管理部門のマネジメント及び子会社マネジメントを中心に、ホールディングス化、M&Aなど幅広くグループ規模拡大に関与。同社取締役CFOを経て、会計事務所の本格的立ち上げに至る。公認会計士協会東京会中小企業支援対応委員、東京税理士会世田谷支部幹事、㈱デジタルハーツホールディングス監査役(非常勤)。 企業が競争環境の中で持続的に生き残るには、経営戦略が鍵を握る。経営戦略の1つとして知られているのがMBOだ。MBOが活用される具体的なケースについて気になっている方もいるだろう。今回はMBOに関して利用ケースや目的、注意点、指針などにフォーカスして解説していく。目次MBOとは?MBOが利用される3つのケースケース1.上場維持費用の負担が大きいケース2.中長期目線の経営体制に変革したいケース3.情報開示に関する業務の増大を解消MBOを行う3つの目的目的1.上場会社の非上場化目的2.経営権の確保目的3.廃業対策の事業承

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました