塩野義製薬 研究段階の治療薬が「オミクロン株」にも効果あり 肺に直接届くよう鼻吸入での投与を検討

2017-08-24_00h03_35 IT総合
塩野義製薬は研究段階の新型コロナウイルスの治療薬について、オミクロン株に有効なデータが得られたと発表しました。塩野義製薬では複数の新型コロナ治療薬の研究を行っています。このうち、タンパク質の断片である「ペプチド」を用いた治療薬の候補は、サル由来の細胞を使った試験で、オミクロン株やデルタ株などの変異型に効果があったと発表しました。投与の仕方は肺に直接薬を届けられるように、鼻から吸入する方法などを検討
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました