【羊飼いのFX突撃取材】スタンスは変わらず、米ドル/円の戻り売り

マーケティング
2022年1月14日11時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)現在の為替相場の傾向や相場観 (画像=PIXTA)現時点で、殆どの市場参加者が「インフレに対応して米金利が上昇する」と考えていると思う。それがマーケットのコンセンサスになっているといえる。ただトレードする時に問題になるのが、ドル金利の上昇でドルは本当に上がるのかという点だ。米ドル/円に関しては、あまり異論はなく、ドル金利の上昇が急ピッチであれば、グロース株の急落を招き、それが資源国通貨円の売り圧力となる。豪ドル/円を筆頭に、クロス円の急落に連れ、米ドル/円は反落する可能性があるということはマーケットである程度警戒されている。 これに加え、マーケット参加者の中には、金利上昇が本格化する初動では、株の動向に加え、米ドル/円が下落する傾向があるとの指摘もある。これは米10年債利回りの上昇過程で、債権の投げ売りが持ち込まれることにより、その円転による円買いが出るのではと見られている。これに加え本日14日(金)にブルームバーグが気になるレポートを出していた。それはドルと米国債利回りの関係に亀裂が生じ始めたというもの。------------市場では今年最大4回の利上げが織り込まれているものの、ブルームバーグ・ドル指数はほぼ2カ月ぶりの水準に低下。モルガン・スタン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました