ストロングブームに幕?「低アル」流行の兆し、主要三社の戦略は?

マーケティング
(画像=SteveCukrov/stock.adobe.com)アルコール濃度が高めの酎ハイ系飲料が席巻し、「ストロングブーム」が起こった日本だが、最近は逆に「低アル」ブームの兆しが見える。各社が続々と低アルコールの商品を発売しており、売上も好調だという。なぜ、今「低アル」が広がりつつあるのだろうか。「低アル」ブームの兆し低アルコールの酒類が増えている主な要因は2つある。キーワードでいえば「健康志向」と「ESG投資」だ。アルコールの過剰摂取は、健康を害する原因となる。アルコール依存症や急性アルコール中毒だけでなく、飲むたびに肝臓などに負担がかかり、肥満にもつながる。肥満が進めば、生活習慣病の発症リスクが高まる。最近、「ESG投資」という言葉をよく目にするようになった。ESGは「環境(Environment)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」の頭文字をつなげた言葉で、これらに配慮している企業に対して積極的に投資することを「ESG投資」と呼ぶ。前述のとおりアルコールはさまざまな健康被害の原因になるため、ESG投資の観点ではアルコール度が低いお酒を販売している企業のほうが投資家から評価されやすい。そのため、各社は低アルコールの製品にシフトしているのだ。アルコール飲料各社の「低アル」戦略を解説各社の低アル戦略を見てみよう。アサヒ:2021年6月に「BEERY

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました