Googleが空間スキャン無しでARコンテンツをアンカリングする「ARCore Geospatial API」提供開始

VR
2022年5月13日、GoogleはARフレームワーク「ARCore」のSDKに「ARCore Geospatial API」を追加しました。本APIは開発者に、Googleマップの「ライブビュー」機能で使用されているものと同じ技術である、グローバルローカリゼーション機能を提供します。
ARCoreに「ストリートビュー」の画像ベースのVPS機能が追加
「ARCore Geospatial API」は、Googleストリートビューで使用されている数百億の画像を用いたVPS(Visual Positioning System)が現在地の緯度・経度・高度を提供します。モデルの構築には機械学習が活用されており、これらの画像から何兆もの特徴点を抽出、1秒以内にデバイスの位置と向きを計算します。これにより、開発者は特徴点のデータを現地でスキャンすることなく、ARコンテンツを制作できます。
また本APIを利用したアプリケーションでは、デバイスがストリートビューが使用できる場所であれば、デバイスの位置や向いている方角、そしてARコンテンツが表示される場所が瞬時に把握でき、ユーザーのAR体験の品質が向上します。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=udoSz_UBUdc?feature=oembed&w=500&h=281]
公式発表で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました