創傷治療用生物製剤の市場規模、2027年に24億米ドル到達予測

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「創傷治療用生物製剤の世界市場:製品別 (生体皮膚代替物、局所剤)・創傷の種類別 (潰瘍 (糖尿病性足潰瘍、静脈性潰瘍、褥瘡)、手術創・外傷性創傷、熱傷)・エンドユーザー別 (病院、外来手術センター、熱傷センター) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091749-wound-care-biologics-market-by-product-biological.html創傷治療用生物製剤の市場規模は、2022年の18億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2027年には24億米ドルに達すると予測されます。同市場の成長は、熱傷の発生率の増加と創傷治療用生物製剤の革新によりもたらされています。COVID-19の創傷治療用生物製剤市場への影響COVID-19パンデミックの出現により、世界各国の医療提供体制が変化しています。COVID-19患者の入院率の上昇によるプレッシャーは、多くの病院や診療科の再整備につながりました。その結果、利用可能な限られた能力をCOVID-19患者のケアに確保したため、多くの選択的手術がキャンセルすることになりました。Advances in

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました