レバレッジ投資信託とは? 順調だった「レバナス投資」の落とし穴

マーケティング
レバレッジ投資信託が広く知られるようになったのは、SNSなどで話題となった「レバナス」投資の影響が大きいだろう。参照指標に対し2倍、3倍と、レバレッジ倍の運用を目指すこのレバレッジ投資信託とは、いったいどのような特徴を持つ金融商品なのだろうか。本記事ではメリット・デメリットと合わせて詳しく解説する。戦略的に使えば大きなリターンも得られるレバレッジ投資信託について、詳しく見ていこう。目次レバレッジ投資信託とは?レバレッジ投資信託の値動きの特徴ネットで話題の「レバナス」もレバレッジ投資信託レバレッジ投資信託に投資をするメリット、デメリットレバレッジ投資信託が活きる相場局面とはまとめ:レバレッジ投資信託は長期投資には不向き。戦略的に利用したいレバレッジ投資信託とは? (画像=ARMMYPICCA/stock.adobe.com)レバレッジ投資信託とは、インデックス型投資信託のように参照指数に対して連動を目指すパッシブ型投資信託(ファンド)の一種だ。ただし、対象とする参照指数の1日の変動率に一定のレバレッジ(倍率)を掛けた比率で動くことを目指して設定されているところが、通常のインデックス型投資信託と大きく異なる。日本株の代表的な指数には日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)などがある。参照指数が日経平均株価で、レバレッジが2倍のレバレッジ投資信託の場合、日経平均株価が翌日に3%上がると

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました