米ドル/円はいったん様子見 ―― 注目はスイスフラン

マーケティング
この記事は2022年6月24日(金)に「羊飼いのFXブログ」で公開された「西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Björn Wylezich/stock.adobe.com)2022年6月24日(金)の午前8時すぎに、現役トレーダーの西原宏一さんから聞いた最新の相場観と戦略を紹介する。 西原宏一 青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行にて為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラーなどを歴任後、独立。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。 現在の為替相場の傾向や相場観2022年6月23日(木)の米国株は反発。ナスダックが1.62%上昇。低調な経済指標を受けてリセッション懸念が強まり、米国債利回りが低下したことが要因。米国債は3.09%へ下落。呼応して、米ドル/円は135.00円を割り込んでいる。米10年債利回りの高値は3.4965%。3.50%のレジスタンスを何度かトライしたが、抜けられず調整局面入りしたのと同時に米ドル/円も調整モード。現在の為替相場の戦略やスタンス今週の米ドル

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました