赤色矮星のまわりには地球のような海惑星が数%存在する、国立天文台などが試算

2017-08-24_00h03_35 IT総合
●東大など、赤色矮星のハビタブルゾーン内を公転するスーパーアースを発見
国立天文台(NAOJ)と東京大学(東大)は9月30日、原始惑星系円盤のガス成分の獲得によって形成される大気とマグマオーシャンとの反応で生成される水に着目して新しい惑星形成モデルを独自に開発し、改めて系外惑星の持つ海水量を理論的に予測した結果、赤色矮星(M型星)の周囲において、地球程度の半径と日射量を持つ惑星のうち数%が適度な海
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました