世界のセラミックタイル市場―アプリケーション別(壁、床、その他)、配合別(乾式プレス、押出、鋳造)、タイプ別、エンドユーザー別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
Research Nester Private Limitedは、世界のセラミックタイル市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年11月 24日 に発刊しました。これは、世界のセラミックタイル市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。世界のセラミックタイル市場は、2022年に1,000億米ドルの市場価値から2033年までに2,500億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に7%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、主に世界中の建設活動の増加に起因しています。さまざまな国の政府が建設部門に多額の投資を行っています。これにより、市場に有利な成長機会がもたらされることが予測されています。最新のレポートによると、2020 年の米国の建設部門の総支出は約 2 兆米ドルに上ります。急速な都市化により、オフィススペース、ショッピングモール、住宅、産業、およびその他のユーティリティスペースの建設プロセスが増加し、予測期間中に世界中でセラミックタイルの需要が高まると推定されています。その結果、ここ数日で雇用率が大幅に上昇しました。建設部門で雇用される高レベルの従業員は、さまざまなプロセスでのセラミックタイルの利用を増やすと予測されています。2021 年現在、米国には約 10百万人の建設労働者が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました