南極取材 特殊装置「ペネトレータ」を投下 氷河の状態を解明

2017-08-24_00h03_35 IT総合
南極の今をお伝えする「南極プロジェクト~地球のミライ~」。
ロケットの形をした装置が、真っ白な雪と氷の大地へと落下する。
氷の中に投下されたのは、「ペネトレータ」と呼ばれる装置で、特殊な地震計などが搭載されている。
この装置は、氷河の動きで発生する微弱な振動や電波をとらえることができる。
氷河の状態を精密に解明して、地球温暖化の現状把握につなげるという。
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました