罠だった「Mac Mini」2023年モデル

iPhone・android

Apple M2シリーズチップを搭載した新型「Mac mini」や「MacBook Pro」について、基本構成ではM1搭載の前モデルよりもSSDストレージの読み書き(R/W)速度が落ちていることを、複数のメディアが報告しています。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=H7nBlq-FlXE]


*Category:テクノロジー Technology *Source:Brandon Geekabit ,MacRumors ,9to5Mac ,The Verge

M2搭載「Mac mini」の基本モデルはNANDチップが1枚減少


ギークビット氏が公開したM2搭載「Mac mini」の分解動画で、M1搭載「Mac mini」の256GBモデルが128GBチップを2つ搭載していたのに対し、M2搭載の256GBモデルは256GBチップを1つだけしか搭載していないことが判明しました。

ストレージの速度は、複数のNANDチップを搭載することで高速化が可能になるため、M2搭載モデルは前モデルよりもSSDが低速だということになります。

これについて、テック系メディア「MacRumors」がベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました