このようなお客様に積立投信を案内しよう【前編】

マーケティング
(画像=琢也栂/stock.adobe.com)ここでは、アプローチ先として有力な7つのタイプのお客様に、積立投信やNISA活用の提案を行うためのポイントを解説する。1 積立定期預金を保有しているお客様積立定期預金を保有しているお客様は、将来の金銭的な支出に対して備えているお客様である。100万円や1000万円といったまとまった資金はなくても、毎月の収入と支出の差に余裕があれば積立は可能だ。お客様は毎月の収入の中から、コツコツと余剰資金を捻出して将来に備えているわけだが、定期預金はほとんど利息がつかないため、潜在的な不満を抱えている。つみたてNISAも説明
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました