TVとラジオのCM作品を募集する「第30回ACC学生CMコンクール」で作品受付がスタート

2017-08-24_00h03_35 IT総合
「第30回ACC学生CMコンクール」
一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)は、全国の学生からTVとラジオのCM作品を募集する「第30回ACC学生CMコンクール」を開始。2017年7月3日(月)から8月22日(火)12:00まで、作品の応募を受け付けている。8社の協賛広告主から提示されたテーマ商品を対象に作品を制作。TVCMは絵コンテ、ラジオCMはスクリプト(ラジオ原稿)で応募できる。
本コンクールは、CMの質的向上とCM界の新しい人材育成を目的に1988年から毎年実施されており、今回で第30回目を迎える。応募資格は、全国の大学 / 大学院 / 短期大学 / 専門学校 / 高校の学生で、本人が企画 / 制作した未発表の作品に限定。昨年には、計1725本(TV:1214本 / ラジオ:511本)の応募があった。今回の応募テーマには、味の素株式会社の「TossSala(トスサラ)」、近畿日本ツーリスト株式会社の「TABIPRE(旅プレ)」、サントリーコミュニケーションズ株式会社の「デカビタC」、株式会社資生堂の「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」、株式会社トヨタマーケティングジャパンの「C-HR」、パナソニック株式会社の「乾電池 エボルタ ネオ」、株式会社明治の「アミノパワープロテイン」、ライオン株式会社の「トップ スーパー NANOX」がある。
TVCMは15秒か

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました