【レポート】地方からグローバルへ進出—そのノウハウをフィンランド・オウル市と米シリコンバレーから学ぶ「Sendai Global Night」

VR

9月25日(月)、宮城県仙台市のアシ☆スタ交流サロン (仙台駅前AER内)にて、宮城県仙台市とグローバルラボ仙台が主催するカンファレンスイベント「Sendai Global Night ゲーム/ITで戦うスキルとは」が開催されました。
このイベントは、近年”北欧のシリコンバレー”とも呼ばれているフィンランドのオウル市をはじめとするグローバル仙台が連携するネットワークの中からゲストを迎え、ゲーム/IT系のスタートアップの仕組みや世界で戦うスキルについてトークセッションを行うというもの。東京ゲームショウ2017のレポート記事でも少しお伝えしましたが、仙台市はTech系企業の誘致やフィンランドの自治体およびゲーム/IT系企業・団体との連携を行っており、日本国内で最も熱心にIT分野に注力している自治体の一つです。
■オウルってどんな都市?
はじめに、オウル市にてインターナショナルコーディネーターの日本担当として活躍するビジネスオウルの内田貴子さんより同市の概要が説明されました。
オウル市はフィンランド中部に位置し人口約25万人と同国で5番目の規模を持つ中核都市で、オウル大学とオウル工科大学の2つの大学があるため市民の平均年齢が37.6歳と”若い街”なのが特徴です。かつて世界最大だった携帯電話メーカーのNokiaの研究機関があった街なので、早くからIT産業やICT教育に取り組み、世界で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました