終活サポートを360度VR映像で実現!「最後にもう一度みたい風景」の撮影サービスがスタート

VR
2019年8月13日、ビジュアル撮影・コンテンツ制作事業を展開している株式会社東地開発・omoieizo事業部は、終活・人生の終末期サポートする企業・医療、老人施設や個人向けに360度VR動画、写真撮影コンテンツ制作サービスを開始することを発表しました。
コンテンツの内容は、高齢や病気などで外出がままならない人のために、想いでの地など「最後にもう一度みたい風景」を疑似体験できるものとなります。





「最後にもう一度みたい風景」の撮影サービスとは?
このサービスは、正式にはQOL向上動画写真撮影サービスと呼ばれている、高齢や病気などにより人生の終末を迎えようとしている方向けのサービスです。
8K3DVR専用カメラを使って撮影された動画や写真映像を活用して、「最後にもう一度みたい風景」を病室や自宅にいながら疑似体験できるものです。
自宅や故郷・想い出の地・旅行先の風景などの映像をVRヘッドセットで直接、直観的に風景を体感することができます。
サービスを提供する東地開発・omoieizo事業部によると、本人の希望に少しでも添うことができ、少しでも楽しい、嬉しいなどの気持ちを持ってリラックスできる時間の提供につなげたいとしています。
サービス開始の背景
超高齢化社会を迎え、医療・介護福祉の分野では
・終活サポート
・がん患者増加によるターミナルケア
・終末医療
・緩和ケ

リンク元

VR
ガジェットレビュー速報!

コメント

タイトルとURLをコピーしました