英大手航空も導入、“フライト中はVR体験”広まるか

VR
イギリスの大手航空会社ブリティッシュ・エアウェイズは、フライトにVRエンターテイメントを試験導入します。フライト中の機内で、VR動画などが体験可能となります。
この試験導入はロンドン・ヒースロー空港発、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港到着の便の一部で行われます。ブリティッシュ・エアウェイズによればファーストクラス限定での提供とのこと。
軽量デバイスで「VR映像体験」を提供
今回導入されるのは、VR関連企業SkyLightが開発したVRヘッドセット「AlloSky」です。AlloSkyは3DoF(※)対応のVRヘッドセット。重さは250gで、1080p(片目)の解像度に対応しています。
(※3DoF:デバイスの向きのみを認識するトラッキング)
米メディアUploadVRは、同VRヘッドセットをOculus Quest(オキュラス クエスト)のような一体型VRヘッドセットよりは、スマートフォン向けの“VRゴーグル”に近いデバイスであると説明。VR系デバイスと3Dビューワーの中間的な存在であると解説しています。
フライト中はやはり暇? 増える航空業界でのVR導入
2019年8月現在、ブリティッシュ・エアウェイズを含む複数の航空会社が、VRを自社の旅客機に導入する試みを進めています。2018年9月には、アラスカ航空がSkyLightのアイマスク型専用VRデバイスを導入。201

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました