【特集#2】現状に不満がある人ほど、時間を作るポテンシャルがある理由

マーケティング
日々忙しさに追われているビジネスマンが「このままではいけない」「なりたい自分に近づきたい」と考えた時に、限られた時間をどのように使えばよいのかということは、重要なテーマとなる。習慣化コンサルティング株式会社代表取締役で、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーとして活躍する古川武士さんは、自分のやりたいことのために意識して時間を作る「メイクタイム」が重要だと説く。ただそれにはある程度の犠牲が伴うという。具体的にどういうことだろうか。(全5回、取材・文 秋乃麻桔) 古川武士(ふるかわ たけし)さん 習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役。米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。約3万人のビジネスパーソンの育成と1000人以上の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一の習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。オリジナルの習慣化理論・技術を基に、個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。著書に『「早起き」の技術』(大和書房)、『マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『高密度仕事術』(かんき出版)など。メイクタイムするには、何かを犠牲にしなければならない (画像=YP

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました