Google、USB-C対応のTitanセキュリティキーを40ドルで米国発売

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
Googleが日本でも販売しているTitanセキュリティキー。その最新版となるUSB Type-C対応モデルが、米国で発売となります。価格は40ドル。

関連記事:
GoogleのTitanセキュリティキーが日本でも発売に。G Suite向けセキュリティ強化機能も発表
これまでのTitanセキュリティキーはUSB Type-AとBluetooth、NFCで利用できるものでしたが、新しいUSB-C Titanセキュリティキーは、最近増えているUSB Type-Cで利用可能。GoogleやMicrosoftらと共に、FIDO U2FやFIDO2といった規格の策定にも尽力している、セキュリティキーの有力メーカーYubicoと共同開発したとのことです。
見た目は、すでにYubicoが発売中のYubikey 5Cと同じですが、ファームウェアはGoogle独自のものになっています。ただし、従来のTitanセキュリティキーと同様に、FIDO2規格に準拠しているので、Googleアカウントのログインのほか、TwitterやFacebook、DropBoxなどの2要素認証でも利用できます。
従来のType-Aタイプと同様に、Android、Chrome OS、macOS、Windowsで利用可能。iPad ProにもUSB Type-Cはありますが、残念ながらiOS、iPadOSでは利用

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました