環境配慮型素材開発ベンチャーの株式会社カミーノ 紙とポリ乳酸を複合した植物由来生分解性新素材PAPLUS(R)を発表

2017-08-24_00h03_35 iPhone・android
リサイクル素材開発ベンチャーの株式会社カミーノ(本社:東京都港区、代表取締役:深澤 幸一郎、以下 カミーノ)は、紙と植物由来生分解性樹脂(ポリ乳酸)を複合した低環境負荷の新素材PAPLUS(R)(パプラス)を開発しました。本製品は、牛乳パックや企業排出古紙をトウモロコシやサトウキビ由来の生分解性樹脂(ポリ乳酸)を複合させることで、石油由来樹脂成分をほぼ0%に削減すると同時に、紙の資源循環を実現することが可能なバイオ...
Source: @マーク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました