新型コロナウィルスの広がりを可視化するAR/VRアプリが登場

VR
2019年末からニュースを騒がせてきた新型コロナウィルスですが、当初は中国だけだった感染者が遠く離れた他国でも現れるようになりました。
ウィルスの拡散については各メディアが出来るだけ最新の情報を伝える努力をしていますが、必ずしもわかりやすい形とは言えません。
そこで、ARを使って新型コロナウィルスの世界的な感染率をわかりやすく表現するアプリ「nCoV-2019 Tracker(コロナウィルス・トラッカー)」が登場しました。





「コロナウィルス・トラッカー」とは
「nCoV-2019 Tracker」はMITの卒業生でxRエンジニアのMichael DiBenigno氏が、VR / ARデータ視覚化プラットフォームFlowImmersiveを通じて開発したWebアプリです。
・ジョンズホプキンスシステム科学技術センター
・ランセット
・AP通信
などがまとめた2020年2月5日現在のコロナウィルスに関する全てのデータを取得し、感染者が現れた地域や感染者数、死者数といった情報が表示されます。
>>コロナウィルス・トラッカー[Flow]
それぞれの情報は巨大な地球儀の3Dモデルとグラフともに表示され、1月中旬からウィルスが拡大していく様子を見ることが可能です。
アプリはスマートフォンやPCにも対応していますが、
・Oculus Quest
・HoloLens 2
・M

リンク元

VR
ガジェットレビュー速報!

コメント

タイトルとURLをコピーしました