住宅ローンのおすすめ金融機関をFPが厳選!変動金利、固定金利のおすすめは?選ぶときの注意点は?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
住宅ローンは金額が大きいだけに、その負担額は借り入れ条件や利用する金融機関の違いによって、百万円単位で変わってくる。住宅ローン選びで失敗しないために、どのようなポイントを押さえておけばよいのか。住宅ローンを選ぶときの4つ注意点 (画像=Elle Aon/Shutterstock.com)住宅ローンを選ぶときに注意しておきたいポイントとして次の4つがある。(1)低金利の住宅ローンほど審査は厳しいいくら条件のよい住宅ローンがあっても審査に通らなければ利用できない。低金利の住宅ローンほど審査は厳しく、地銀や信金に比べてネット銀行やメガバンクのほうが住宅ローン審査は厳しいとされる。住宅ローン審査では主に次のような項目がチェックされる。【属性に関する項目】・返済時の年齢……80歳未満であることを条件とする金融機関が多い・勤務先/雇用形態……一般的に、公務員>大企業の社員>中小企業の社員>パート・アルバイトの順で評価される。医師や弁護士、公認会計士などの有力資格があれば有利に働く・勤続年数……一般的に勤続年数が長いほうが有利。勤続1~3年以上が目安・年収・他の借入残高/返済状況・個人信用情報・健康状態……民間金融機関の住宅ローンでは一般的に団体信用生命保険に加入できることが条件となっている【借入条件・物件に関する項目】・借入金額……フラット35の場合は100万円以上8,000万円以下・自己資

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました