リモートワークのVR化が加速!Facebookがバーチャル共同作業アプリを導入へ

VR
新型コロナウィルスの影響で世界中で多くのビジネスがリモートワークに移行しています。
そこで、Facebookはそうした企業の生産性向上を手助けすべく、Oculus Quest向けにコラボレーションアプリを追加することを明らかにしました。





FacebookがOculus Storeにコラボレーションアプリの追加を発表
新型コロナウィルスの影響で多くの人が自宅からのリモートワークにシフトする中、VRを活用することで生産性をさらに向上させることができます。
集中力が途切れがちになると言われる自宅での作業も、没入型のVR環境を利用することによって集中力を維持しながら業務を行うことが可能です。
また、バーチャルワーキングスペースでの作業も現実の姿に近いアバターを使うことで、孤独なリモートワークでも同僚とつながりを保つこともできるようになります。
2020年5月18日のOculus公式ブログへの投稿によると、Facebookはリモートワークをサポートするために2020年後半からOculus Storeにコラボレーションアプリを導入するとのことです。
今回の発表の中で、企業ユーザーをターゲットにしたフル機能のソーシャル / コラボレーションアプリとしてImmersed とSpatialの2つの名前を挙げています。
2020年夏にはImmesedが追加
今年の夏頃にまずImm

リンク元

VR
ガジェットレビュー速報!

コメント

タイトルとURLをコピーしました