米国株(アメリカ株)の高配当利回りランキングTOP10!ダウの平均利回り、「ダウの犬」投資法も紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
米国では株主還元意識が強く、日本に比べて株式配当利回りが高い傾向にある。そのため配当を目的に米国株に投資する投資家も少なくない。ここでは米国株の高配当銘柄の配当支払回数や利回り、該当企業概要など紹介。今まで投資対象は日本株のみという人も、これを機に米国株投資を検討してみてほしい。目次1,米国株の配当の3つの特徴――配当回数、連続増配、配当利回りの高さ2,世界的有名企業の配当利回りは?アップル、マイクロソフト、マクドナルドなど3,米国株の中大型優良銘柄配当利回りランキングTOP10!利回り8%台も4,米国株投資の有名戦略「ダウの犬」とは?5,米国株は長期保有でリターンに期待できる1,米国株の配当の3つの特徴――配当回数、連続増配、配当利回りの高さ (画像=Patrick Poendl/Shutterstock.com)米国では「株式会社は株主のもの」という意識が強く、利益の株主還元策として配当を重視している企業が多く見られる。こうした米国株の特徴でも特に際立った3つの特徴を挙げていきたい。  特徴1,配当が年4回配の企業が多い米国企業には日本企業のような株主優待制度はないものの、四半期配当、つまり配当金の支払いが年4回ある企業が圧倒的に多い。日本では配当は年2回あるいは年1回の企業が大半だ。たとえば、世界的に有名な米国のアップル の配当は、例年2月、5月、8月、11月の年4回だ。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました