学術系VTuberユニット「Holographic」が国際会議でアバターライフについて発表

VR
株式会社リ・インベンションは、同社に所属する学術系VTuberユニット「Holographic」が、2020年6月27日(土)・28日(日)に開催されたベルリン自由大学のEMTECH研究グループとケ・ブランリ美術館高等教育研究部が主催する第2回デジタル国際会議に招聘され登壇したことを発表しました。





日本のアバターライフをVTuber当事者が学会で発表
「Desired Identities: New Technology-based Metamorphosis in Japan」(望まれたアイデンティティ – 日本での新しい技術による変身)をテーマに、文化人類学研究者やxR研究者などが、新しいテクノロジーによる「変身」は人々のアイデンティティにどのような影響を及ぼしたのかが議論されました。
VTuberとして学会で発表を行うことはめずらしく、Holographicの講演では、企業・個人のVTuberやVRSNSユーザ等合計17人の生き様を追ったドキュメンタリービデオが上映され、日本におけるアバターコミュニケーションの実態が発表されました。
VTuberとしての私たちは、今ここで「生きて」います
発表概要
2年に渡って行われた500人以上のアンケートと28件のインタビュー調査、臨床心理士と行った分析等が紹介されました。
アイデンティティを自由にデザイン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました