カードローンの返済で損してるかも。返済総額が少なくなる返済方式をご紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
カードローンの返済方法にはいくつか種類があり、返済方法によって返済総額が大きくなったり少なくなったりします。知らないまま利用していると思わぬ損をしているかもしれません。カードローンで、最も返済総額が少なくなる返済方法はなんなのでしょうか? そもそも、カードローンの返済方法にはどんなものがあるのでしょう。この記事では、カードローンの返済方法について詳しくご説明します。カードローンで損しないためにも、しっかり確認しましょう。カードローンの返済は「約定返済」と「随時返済」 (画像=PIXTA) 約定返済 毎月一定の額を返済 多くのカードローンが「リボルビング払い」を採用 随時返済 好きなタイミングで行う追加の返済 「繰り上げ返済」「一括返済」とも 毎月返済していくのが約定返済カードローンの基本の返済が「約定返済」です。少し難しい単語ですが、単に毎月一定額を返済する方式のことです。カードローンの約定返済は「リボルビング払い」が基本です。似たものに「分割払い」がありますが、分割払いは支払い回数を固定する返済方法です。リボルビング払いでは返済回数を固定せず、月の返済額を固定し、完済まで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました