太陽光を照明と室温調整に利用する省エネ・スマートウインドウが登場!

IT総合
建物の照明や冷暖房のエネルギー消費量およびCO2排出量は、光を効率的に取り込むことにより大幅に削減できる。ドイツのカッセル大学の研究者は、マイクロミラーアレイ技術を採用したスマートウインドウでこれを実証した。
スマートウインドウを建物に適用した場合、エネルギー消費量を最大35%、CO2排出量を最大30%の削減できる可能性があるとのこと。
通常ブラインドを開けて光を取り込めば、熱エネルギーが有効利用できる一方、太陽のまぶしさやディスプレイの反射による不快感が伴う。同スマートウインドウではこうした課題も解決している。
反射によって光を動的に誘導
MOEMS micromirror arrays in smart windows for daylight steering/ SPIE・DigitalLibrary同スマートウインドウでは、ナノ構造のミラーアレイを組み合わせて、反射によって光を動的に誘導する。アルゴンなどの希ガスで満たされた二重窓の間のスペースに肉眼では識別できないほど小型なミラーが並び、このミラーアレイがわずかな電力を利用して開閉するシステムだ。
夏、部屋の中に人がいないときすべてのミラーが垂直になって閉じた状態に。太陽放射を反射して部屋は涼しく保たれる。センサーによって人が検出されると上部のミラーが開き、人の真上の天井領域にのみ日光を反射。冷房と照明に使うエネルギーの節

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました