法政大学とShopifyが連携、2021年春講義の実習としてeコマース人材育成プログラムを学生約100名対象に提供

2017-08-24_00h03_35 IT総合
eコマースプラットフォームを開発・運営するShopify(ショッピファイ)の⽇本法⼈Shopify Japanと法政大学は4月8日、春学期(2021年4月)に開講するキャリアデザイン学部「流通・マーケティング戦略論」の実習として、eコマース人材の育成強化に向けたプログラムを提供する。外部招聘講師としてShopify社員が学生約100名対象に講義を実施する。
同講義の目的は、新しい流通・販売・マーケティングのあり方を考え、変化を先取しつつ前に進める視点や考え方を身に着け、将来実務で成果を出すために役立つスキルの基本概念と知識・経験を習得すること。
Shopifyは、様々な教育機関との連携を図り、デジタル化の支援、EC人材の育成に取り組んでいるという。EC需要が高まる中、ネットショップの立ち上げ・運用のサポートを必要とする事業者も増加していることからEC人材育成が急務と考えており、2020年はLANCERSとの連携を発表した。今後もShopifyエコシステムを強化し、オフライン事業者のオンライン化支援を行うとともに、日本から世界に羽ばたく起業家育成にも力を入れるとしている。
関連記事
・Twitterがカードを利用した新しいオンライン通販機能をテスト中
・2020年感謝祭の米国ネットショッピング売上は前年比42.3%増の6200億円超の見込み
・Shopifyが実店舗とネットショップ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました