自動運転が円滑に “三次元データ”一般道にも拡大

2017-08-24_00h03_35 IT総合
動画を見る(元記事へ) 高速道路から一般道に広げて3次元データを提供します。
 ホンダやスバルなどの自動車メーカーに自動運転に使う道路の3次元データを提供する「ダイナミックマップ基盤」は、これまで高速道路に限られていたデータを一般道まで広げて提供すると発表しました。
 信号や停止線の位置、カーブなどの情報を車に搭載することで、より円滑な自動運転が可能になるということです。
 2023年度から
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました