SBI証券は単元未満株(ミニ株)OK!評判と特徴をチェック

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
SBI証券が2021年3月、主要ネット証券で初めて600万口座を突破しました。最も選ばれている証券会社なので、評判が気になっている方も多いでしょう。本記事では、SBI証券の「単元未満株(ミニ株)」についての口コミを紹介します。少額で投資できるので、投資初心者の方でも投資を始めやすいサービスです。もちろん、そもそも「単元未満株(ミニ株)」がどのようなサービスかについても、わかりやすく解説します。投資家デビューを狙っている方は、ぜひご一読ください。そもそもミニ株&単元未満株とはどんなもの? (画像=naka /stock.adobe.com)ミニ株と単元未満株は、どちらも少額で株式取引できるサービスです。株式取引は通常「100株単位」で売買しないといけません。証券取引所がそのように定めているためです。そのため、たとえば株価が1万円の株式を買う場合、100万円もの資金が必要になってしまいます。一方、100株より少ない単位で売買できるサービスが「ミニ株」と「単元未満株」です。一般的に「ミニ株なら10株単位」、「単元未満株なら1株単位」で売買が可能です。例えば株価1万円の株式の場合、10株単位のミニ株なら10万円、1株単位の単元未満株なら1万円で買えます。通常よりも少ない株数で買えるため、小額投資ができるのです。【100株未満OKの理由は「取引所を使わないから」】ミニ株や単元未満株で100

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました