VRで観光やショッピングが可能に!JTBらが共同で4月末より事業開始

VR
株式会社JTB、株式会社Fun Japan Communications、株式会社FIXERの3社は、XR技術を駆使した「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業において、2021年4月末より段階的にユーザー登録を開始することを発表しました。
本事業では、VR空間上に作り上げられたバーチャルな日本へ街や施設が再現されており、世界中の人々が集い、観光やショッピング、様々なコンテンツを楽しみながら交流を深めることができます。



「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」とは?
「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」は、FIXER社が保有するクラウド基盤上に、JTB社、Fun Japan Communications社の3社協働で構築するプラットフォームです。
仮想空間上に、国内外の消費者・自治体・事業者がエントリー可能な交流・経済圏を出現させることで、リアルな人的交流が制限される中でも、継続的に交流や商流を創出できる仕組みとして開発されています。

事業開始の背景
全世界で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症の拡大は、観光産業をはじめとする地域経済に甚大な損害を与えています。
観光関連産業が抱える構造的課題である、
往来が制限される=交流や商流も止まってしまう
が浮き彫りとなるなか、JTB社はこの課題を解決するべく、JTBグループ内でアジアを中心とする海

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました