木材防腐剤市場ー種類別(油性、水性、燻蒸剤)アプリケーション別(住宅、産業、および商業)-世界の需要分析と機会の見通し2029年

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
Research Nester Private Limitedは、木材防腐剤市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年04月 07日 に発刊しました。これは、木材防腐剤市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。木材保存剤市場の成長は、急速な都市化、建設・インフラストラクチャ活動の増加、および今後数年間のインテリアデザイン目的の木材需要の増加に起因する可能性があります。当分析によると、2018年には世界で11兆米ドル以上が建設活動に費やされました。この金額は、2030年末までに17兆米ドルに達すると推定されます。市場の成長に貢献すると予想されるもう1つの要因は、有害な微生物や海洋穿孔虫から木材腐朽菌を保護する必要性が高まっていることです。防腐剤処理は、木製品の有効性と耐用年数を向上させ、家具に関連するメンテナンスコストを削減します。これにより、近い将来、木材防腐剤の需要が高まると予測されています。COVID-19のパンデミックの間、いくつかの企業による生産の停止により、木材防腐剤の製造は減少しました。国連工業開発機関(UNIDO)の報告によると、先進国は2020年の第1四半期に製造業の生産量が2.5%減少しました。市場セグメンテーション洞察レポートは、種類別(油性、水性、燻蒸剤)アプリケーション別(住宅、産業、および商業)な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました