ひろゆき アバターを利用して配信 顔出し引退は難しいのか実験

VR
4月8日(水)実業家の西村博之(ひろゆき)氏が、YouTubeでバーチャルアバターを使用した配信を実施しました。
配信中には「怖いよねぇ、僕も自分のことを誰なんだと思いながら配信しています」とコメントしつつ、通常時の配信のようにリスナーの相談に応答。「(自分が使うと)どうしても悪い顔になってしまう」と話しながら、「とりあえず(本人の)顔を出さずとも何とかなったかな?」とアバターの感想を語っていました。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=jrQVQy3hkuM?iv_load_policy=3&modestbranding=1&rel=0&wmode=transparent&autoplay=0]
https://www.youtube.com/watch?v=jrQVQy3hkuM
コメント欄では「いつもの可愛いひろゆきを返せ」「一番このキャラクターに合わない声で草」といった感想が寄せられています。
中田敦彦の影響か?
(中田敦彦さんのアバターの姿)
生放送のタイトルは「顔出し辞めるの難しいのか実験」というタイトルとなっており、中田敦彦さんの発言から着想を得たものであると推測できます。中田さんは、4月6日(火)の動画で、「中田敦彦は顔出しに向きすぎていた」ことを理由に顔出し引退(アバターで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました