YouTubeやTikTokがライバルに? 定額制動画配信サービスをLINEリサーチが調査

IT総合
約540万人を基盤としたスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、日本全国の18〜59歳の男女を対象に、「定額制動画配信サービス」の現状の認知率や利用率、今後の流行予想などについて調査を実施した。
なお、調査は2021年2月12日~15日の期間で行われ、有効回収数は2108サンプルとのこと。
利用経験率は50%
「定額制動画配信サービス」とは、読者もお馴染みの「Netflix」「Hulu」「Amazonプライム・ビデオ」などのことを指している。
LINEリサーチの調査によると、これら配信サービスの認知率は全体で87%だった。「現在使っている」と回答した人は全体の43%。これに「使っていたが、いまは使っていない」を含めた、利用経験率は全体で50%だったという。
ここからは、「定額制動画配信サービス」は男女年代を問わず、全体的に9割前後の高い認知率であることがわかる。また男女ともに、30代以降よりも10〜20代での現在利用率が高く、半数を超える人が利用していることも興味深い点だ。
10〜20代がより好意的
次に、「今後の利用意向」についてはどうだろうか。「ぜひ使ってみたい」「機会があれば使ってみたい」と回答した人は、全体で58%と半数を超えている。一方で、利用意向がない人の割合は全体で24%だった。
男女別でみると、女性のほうが男性に比べて、利用意向がある人の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました