賃貸管理でかかる諸費用 経費計上をして利益を最大化

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
不動産投資の賃貸物件でかかる諸費用を経費計上すれば、節税になることをご存じでしょうか。せっかく得た収益をできるだけ残すためにも、経費計上できる諸費用は丁寧にチェックして確実に計上できるようにおきましょう。物件購入時にかかる諸費用 (画像=Freedomz/stock.adobe.com)はじめに物件購入時にかかる諸費用を紹介します。聞き慣れない言葉も多いかもしれませんが、どれも基本的な費用のため、漏れがないように準備しましょう。不動産仲介手数料物件購入時に仲介してくれた不動産会社へ支払う手数料です。法定で上限額が決められています。印紙税売買契約書に貼り付けて納める税金です。所有権移転登記費用所有権を自分に移してもらうための費用です。主に登録免許税と手続きを司法書士へ依頼する場合は司法書士報酬がかかりすべて含めることができます。固定資産税精算金毎年1月1日時点で不動産を所有している売り主には、その年分の固定資産税が請求されています。そのため物件を引渡後の固定資産税を日割りで売主に支払うことが不動産業界の慣例です。都市部や住宅地ではインフラなどを整備するための都市計画税も加わります。融資諸費用融資を受けて物件を購入する際は、以下のような融資の諸費用がかかります。・事務手数料金融機関に支払う手数料で数万~数十万円と借入先によって金額に幅があります。・印紙税金融機関と締結する金銭消費貸借

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました