AI進化で心の中で思った言葉を話す技術が。その一方で根強いAI脅威論

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
近年、人工知能(AI)を活用した新しい取り組みが次々と登場している。人間のリクエストに応える家電やスマートフォン、自動運転車、飲食業や小売業における需要予測など活躍の場は様々である。多くの人がAIの活用によって生活が豊かに、便利に、快適になることを期待する一方、AIへの危機感を拭い切れていない現実もある。目次AIの発展を支える深層学習:ディープラーニング医療分野におけるディープラーニングの活用脳科学とAIの掛け合わせで、さらなる進化が実現する可能性もAI活用はメリットが大きい反面、不安の声もAIの発展を支える深層学習:ディープラーニング (画像=metamorworks/stock.adobe.com)一口にAIと言っても、画像認識や自然言語処理、音声認識など内容は多岐にわたっている。AI発展を支える根幹技術の1つに、「ディープラーニング(深層学習)」というものがある。ディープラーニングとは、大量のデータを読み込んだコンピュータが機械的に学習・分析し、データの特徴や精度の高い解決法を自動で導き出す技術のことだ。私たちが普段何気なく行っている判断を代行させる、もしくは、より速く正確に判断させることを目指している。年々、開発が進む自動運転車でも、このディープラーニングが重要な役割を担っている。クルマを運転する際に信号や交通標識、他の車、歩行者など視覚や聴覚から得た情報を処理し、それに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました