SDGsで注目のアップサイクル ゴミから価値ある商品を生む事例集

マーケティング
アップサイクルとは、ゴミになるモノに付加価値を加えて商品化することで、3R(リサイクル、リユース、リデュース)に次ぐ4つ目の資源の活用方法として注目されています。ここでは、これからアップサイクルを検討したい企業の参考になる事例をご紹介します。3Rとアップサイクルはどこが違う? (画像=ximich_natali/stock.adobe.com)SDGs(持続可能な開発目標)が世界のトレンドとなった今、資源の有効活用の意識が高まっています。これまでの資源の主な有効活用は3Rと呼ばれる、「リサイクル」「リユース」「リデュース」でした。ちなみに、3Rのそれぞれの意味や活用例は以下の通りです。キーワード意味活用例リサイクル使ったモノを資源に戻して再利用回収した服から新たな服を製造リユース一度使ったモノをそのまま再利用古着や古本リデュースムダなゴミを出さない努力や活動マイバッグによるレジ袋削減これら3Rに加えて、最近注目が集まっているのが「アップサイクル」です。アップサイクルとは、そのままではゴミになってしまうモノに付加価値を加えて商品化などをすることです。アップサイクルの発想を組み込むことで、これまでになかった企業活動や商品開発が可能になります。そのヒントを探るために、国内のアップサイクルの好事例を見てみましょう。アップサイクルの好事例1「廃棄魚網の再生素材から生まれた鞄」1つ目は、波打

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました