「常に考える」の文化を浸透させて社員の幸せの最大化と高収益を両立――未来工業株式会社

マーケティング
ビジネス界をリードする経営者は、今の時代をどんな視点で見ているのか、どこにビジネスチャンスを見出し、アプローチしようとしているのか。特集『次代を見とおす先覚者の視点』では、現在の事業や未来構想について上場企業経営者にインタビュー。読者にビジネストレンドと現代を生き抜いていくためのヒントを提供する。岐阜県に本社を置き、電気設備資材、給排水設備資材などの製造・販売を行っている未来工業株式会社。数々のユニークな制度から「日本一社員が幸せな会社」と呼ばれることもある。社員の幸せを追求する一方、2021年3月期実績では、利益率(親会社に帰属する当期純利益)約8%と高収益を誇っている。同社の代表取締役社長 山田雅裕氏に話を伺った。(取材・執筆・構成=菅野陽平) (画像=未来工業株式会社) 山田 雅裕(やまだ・まさひろ) 未来工業株式会社代表取締役社長1963年生まれ、岐阜県出身。未来工業株式会社の創業者・山田昭男の長男として生まれる。大学卒業後は未来工業株式会社に入社し、営業所長、工場長、監査室長などを歴任する。2008年6月に子会社・神保電器株式会社の社長に就任し、業績不振であった同社を短期間で立て直すなど実績を残し、2013年6月に未来工業株式会社の4代目代表取締役社長に就任。 「日本一社員が幸せな会社」と呼ばれる理由―まず、御社の事業内容を教えて頂けますでしょうか。電

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました