世界初 脊髄損傷にiPS細胞移植

2017-08-24_00h03_35 IT総合
慶応大は14日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から変化させた神経のもとになる細胞を脊髄損傷の患者に移植する臨床研究の1例目を昨年12月に実施したと発表した。iPS細胞を使った脊髄損傷の治療は世界初。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました