「ITシステムの可視化」を合言葉に製品開発・サービス提供に注力――アイビーシー株式会社

マーケティング
次代を担う成長企業の経営者は、ピンチとチャンスが混在する大変化時代のどこにビジネスチャンスを見出し、どのように立ち向かってきたのか。本特集ではZUU online総編集長・冨田和成が、成長企業経営者と対談を行い、同じ経営者としての視点から企業の経営スタンス、魅力や成長要因に迫る特別対談をお届けする。今回のゲストは、アイビーシー株式会社代表取締役社長の加藤裕之氏。ITシステムの性能監視などの領域で事業を成長させ、近年はブロックチェーン技術を活用したセキュリティ電子証明基盤もリリースするなど、その躍進は留まることを知らない。ここでは加藤氏に、今日までの軌跡や近年の取り組み、将来に対する考えをお聞きした。(取材・執筆・構成=大正谷成晴) (画像=アイビーシー株式会社) 加藤 裕之(かとう・ひろゆき) アイビーシー株式会社代表取締役社長(CEO)1967年生まれ。アイビーシー株式会社代表取締役社長。大学を卒業後、大手化学素材メーカーを経て1992年にネットワーク機器メーカーのアライドテレシスに入社。営業部門で業績を上げ、2000年の同社上場にも貢献、営業部長に就任した。その後、ベンチャー企業(ネットワークインテグレーター)で取締役を務め、2002年に独立しアイビーシーを設立。ITシステムの性能監視ツールをコア事業としながら成長、2015年にはマザーズ上場(翌2016年、東

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました