勢いがやや止まったESG関連ファンド ―― 2021年12月の投信動向

マーケティング
この記事は2022年1月13日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「勢いがやや止まったESG関連ファンド~2021年12月の投信動向~」を一部編集し、転載したものです。2021年最大の資金流入 (画像=PIXTA)2021年12月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、主として外国株式を投資対象とするものに9,900億円もの資金流入があり、ファンド全体でも1兆2,700億円の資金流入となった【図表1】。2カ月連続の1兆円超えの純流入であり、11月の1兆400億円からさらに約2,200億円も増加した。12月は外国株式の流入金額は9,900億円と11月の7,900億円から2,000億円も増加した。タイプ別には、外国株式のアクティブ・ファンドの流入金額が6,500億円と11月の4,900億円から1,600億円増加した。ただ、1,400億円集めた新設ファンドの影響(【図表2】緑太字)が大きかったと思われ、新設ファンドを除くと小幅な増加であった。外国株式のインデックス・ファンドの流入金額も3,400億円と、過去最大であった11月の2,900億円からさらに500億円増加した。 (画像=ニッセイ基礎研究所)2021年に売れた外国株式ファンドは3つの特徴のいずれかを持つ個別で12月に資金流入が大きかったファンドをみると、人気となっている外国株式ファ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました