新変異株 入国後待機を10日間に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
新型コロナウイルスの水際対策について、政府は14日、すべての国・地域からの入国者に対して求めていた14日間の待機を、10日間に短縮すると発表した。世界中で流行するオミクロン株は従来株よりも潜伏期間が短いと判断。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました