2021年最も読まれたビジネス書、1位は?これだけは知っておきたいトップ3

マーケティング
(画像=明日香出版社)2022年がスタートした。この1年を実りあるものにするためには、自己成長に向けた努力が欠かせない。そこで今回は、2021年に多く読まれたビジネス書を紹介したいと思う。一冊読破するごとに、思考や行動がブラッシュアップされていくはずだ。2021年最も読まれたビジネス書ランキング紹介するのは、経営者やビジネスパーソンなど向けの書籍の要約サービス「flier(フライヤー)」が発表した「2021年最も読まれたビジネス書ランキング」である。同サービスでは要約を公開している書籍が2,600冊に上り、その中から有料会員による閲覧数が多かった順に書籍をランキング化した。集計期間は2020年12月1日~2021年11月30日となっている。早速結果を紹介していこう。 1位:『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』1位に輝いたのは『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』。2021年に発売された新刊ではなく、2017年発刊のビジネス書だ。発刊部数が伸び続け、30万部に迫る勢いである。この書籍では「すぐやる人」と「やれない人」の習慣を、「思考」「自分を動かす」「周囲を動かす」「感情マネジメント」「体調管理」「時間・目標管理」「行動」といった切り口で分析し、説明している。例えば、「思考」に関しては、「すぐやる人はラクに自分を動かし、やれない人は無理やり自分を動かそうとする」「すぐ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました