賭博容疑の力士2人 関与認める

2017-08-24_00h03_35 IT総合
大相撲で違法賭博関与の疑いがある幕内英乃海と十両紫雷が日本相撲協会コンプライアンス委員会の調査に対し、賭博行為を認めたことが15日、関係者の話で分かった。日本相撲協会は昨年12月、2人の初場所休場を発表していた。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました