米ドル/円 ―― 127~130円での押し目買い継続

マーケティング
この記事は2022年5月13日(金)に「羊飼いのFXブログ」で公開された「西原宏一氏の現在の相場観とFXトレード戦略」を一部編集し、転載したものです。 (画像=PIXTA)2022年5月13日(金)の午前11時すぎに、現役トレーダーの西原宏一さんから聞いた最新の相場観と戦略を紹介する。西原宏一青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行にて為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラーなどを歴任後、独立。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。現在の為替相場の傾向や相場観2022年5月13日。昨日12日(木)の為替市場は、一気にリスクオフマーケットとなり、クロス円が急落。米ドル/円も一時127.52円までと大きく値を崩している。そのリスクオフの背景は色々解説されているが、ステーブルコインの「テラUSD」の相場が急落したことも一因のようだ。暗号資産(仮想通貨)市場で、ドルなどの法定通貨と価値が連動するように設計されたステーブルコインの「テラUSD」の相場が急落した。米金融市場の不安を背景に、アルゴリズムを使ったシステムの裏付けになる仮想通貨への売りが広がり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました