売却も膨らむ外国株式アクティブ ―― 2022年4月の投信動向

マーケティング
この記事は2022年5月12日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「売却も膨らむ外国株式アクティブ~2022年4月の投信動向~」を一部編集し、転載したものです。目次ファンド全体への資金流入半減一部の外国株式のアクティブで売却が膨らむ予想分配金提示型の動向も気になる外国REITやバランス型でも売却、手控えロシア関連ファンドのパフォーマンスが好調のように見えるがファンド全体への資金流入半減 (画像=PIXTA)2022年4月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、主として外国株式や国内株式を投資対象とするものを中心に資金流入があり、全体で3,600億円の資金流入があった【図表1】。ただ、3月と比べると外国株式とバランス型は資金流入が減少し、外国債券と外国REITは資金流出に転じたため、ファンド全体の流入金額は3月の7,900億円から半減し、2020年12月以降で最小だった。4月は、外国株式への資金流入が2,600億円と3月の5,500億円から約2,800億円も減少したことが何よりも大きかった。外国株式では、4月にSMA専用ファンド(紺棒)から400億円ほど資金流出していたこともあるが、SMA専用ファンド以外でもタイプによらず流入が減少した。 (画像=ニッセイ基礎研究所)一部の外国株式のアクティブで売却が膨らむ外国株式では、SMA専用ファ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました