植物の精子形成に関わる新規因子を発見~基底小体タンパク質が獲得した新機能~

2017-08-24_00h03_35 iPhone・android
明治大学 越水静助教、基礎生物学研究所 南野尚紀特任助教、金沢大学 西山智明助教、立教大学 養老瑛美子助教、理化学研究所 佐藤繭子技師ら共同研究チームはこのたび、オミクス解析によるスクリーニングから、ゼニゴケにおいて精子形成に関与する新規因子BLD10を発見しました。さらに、BLD10遺伝子の精子形成における機能は、BLD10遺伝子が分子進化した結果、祖先機能に加えて新たに獲得した機能である可能性を示しました。<br />
...
Source: @マーク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました