ガソリン代が高騰中! 見直しできる自動車の維持費4選

マーケティング
2022年に入ってからというもの、ウクライナ情勢や円安の影響などによってガソリン代が高騰しています。資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、7月11日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は172.7円で、過去10年の平均価格と比較しても値上がりしているのは明らかです。ガソリン代はガソリン車を使用する以上絶対にかかりますから、家計への影響も深刻なものになりつつあります。このガソリン代の値上がりを機に、車の維持費全体を見直してみてはいかがでしょうか? 維持費のうち節約できる部分を見直すことで、ガソリン代の値上がりをカバーすることも可能です。すぐに見直しできる自動車の維持費4選をファイナンシャルプランナーが解説します。車の維持費は年間でどのくらいかかるもの? 車を所有するだけで、一体どれだけの費用がかかるのでしょうか?軽自動車と普通車に分けて年間の維持費をまとめた表を確認してみましょう。 軽自動車普通車(1,500CC)自動車税(種別割)10,800円30,500円自動車重量税3,300円 ※112,300円 ※2自賠責保険料9,865円※310,005円 ※3任意保険料80,000円85,000円駐車場代120,000円120,000円ガソリン代72,000円72,000円車検代25,000円※430,000円※4維持費の合計320,96

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました