自動車用点火プラグと排ガスセンサで世界首位 ―― 日本特殊陶業[5334・東証プライム、名証プレミア]

マーケティング
この記事は2022年7月25日に青潮出版株式会社の株主手帳で公開された「日本特殊陶業【5334・東証プライム、名証プレミア】自動車用点火プラグと排ガスセンサで世界首位 2030年に非エンジン関連売上高4割を目指す」を一部編集し、転載したものです。日本特殊陶業は、「NGKスパークプラグ」のブランドで自動車エンジン用点火プラグを製造・販売する総合セラミックスメーカーだ。「NTKテクニカルセラミックス」ブランドの自動車用排気ガスセンサとともに、世界トップシェアを誇る。電気自動車への潮流の中、2030年までの長期経営計画「日特BX」では、非内燃機関関連事業を売上比4割まで拡大すべく事業ポートフォリオを転換し、さらなる成長を目指す。▼川合 尊社長 (画像=株主手帳)海外比率約8割のグローバル企業世界中の自動車メーカーに製品供給同社は、世界最大のセラミックス企業グループとして知られる「森村グループ」の中核企業のひとつで、国内39拠点、21の国と地域に46の海外拠点を持つグローバル企業だ。2022年3月期は売上収益4,917億3,300万円(前期比15.0%増)、純利益602億円(同56.9%増)と過去最高の利益を達成。地域別売上比率は北米25%、欧州24%、アジア25%、国内17%、中南米6%で、海外売上比率は約8割と高い。同社は「自動車関連事業」「セラミック事業」「新規事業」のセグメントで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました