ティファニー、初となるNFTの取り組み「NFTiff」を発表

マーケティング
この記事は2022年8月1日に「月刊暗号資産」で公開された「ティファニー、初となるNFTの取り組み「NFTiff」を発表」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Nagahisa_Design/stock.adobe.com)世界的なジュエリーブランドであるティファニー(Tiffany)は1日、人気NFT(非代替性トークン)アート・CryptoPunksの所有者に向け「NFTiff」を発表した。ティファニーがNFTに関する取り組みを行うのは初となる。今回の取り組みは暗号資産関連スタートアップのChain社とティファニーが提携したことで実現した。発表によると、NFTiffではCryptoPunksの所有者が持つNFTをティファニーの職人が1つ1つ手作りで現物のペンダントとして再現する権利を販売する。さらに、作成したペンダントはイーサリアムブロックチェーン上でNFT化され、購入者に送付されるようだ。NFTiffの販売は250セット限定となっており、1人最大3セットまで購入可能。ユーザーはイーサリアム(ETH)で購入することができ、価格はペンダントやペンダントのNFT、そして送料等を含め1セットあたり30ETH(記事執筆時点約671万円)となっている。作成される現物のペンダントは、CryptoPunksで使用されている色に近いカラーやエナメルカラーが使用される。ティファニーによると、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました